離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

安心して離婚相談
弁護士に関する情報
自己破産に関する情報
司法書士に関する情報

自賠責保険しか入っていなかったら交通事故弁護士に相談を

交通事故を起こしてしまったけど自賠責保険にしか入っていなかったというケースでは、必ず交通事故弁護士に相談をしましょう。こういう人はお金がないという人が多いので、費用がかかることを気にして弁護士には相談せずに自分で解決してしまおうという人がいます。

しかし、自分で解決しようとしたために相場よりもはるかに高額な損害賠償を請求されてしまうというケースもあります。交通事故弁護士に依頼をすれば、相場通りの慰謝料を支払って解決ができますので、円満な解決になる可能性が高いです。一度和解書などにサインをしてしまうと取り返しがつかないので、早い段階で相談をしましょう。

後遺障害の等級認定は交通事故弁護士に相談

交通事故で後遺障害が残ってしまった場合は、障害の等級に応じた慰謝料や逸失利益を損害賠償請求できます。よってまずは障害の等級認定の申請が必要です。申請は事前認定として相手の保険会社に任せてしまうこともできますが、等級は請求できる慰謝料などの金額を左右しますから被害者請求で自分で手続きをするのが安心です。

被害者請求で障害の等級認定をするなら、交通事故弁護士に相談するのが一番いい方法です。交通事故弁護士は示談交渉を専門にしている弁護士で、後遺障害の認定申請に関連する医学的な知識も豊富なので被害者にとって有利なアドバイスがもらえます。

料金体系を確認したい交通事故弁護士

実は相談料など交通事故弁護士に対して支払う料金体系というのは、決められているのではなくて、交通事故弁護士が自由に設定する事ができます。しかし、交通事故弁護士へ支払う費用は相場の様なものが存在する様ですので、調べた上で相談する事によって、価格の判断がしやすくなるでしょう。

しかし、交通事故弁護士は価格を考慮する人もいますが、やはり本当に自分の希望通りに解決できる様に努めてくれるかどうか、高い能力を備えているかどうか、など細かい部分を気にしながら交通事故弁護士を選ぶ人もいます。解決のためのチャンスというのは、事故直後がベストだと思われます。時間が経つと結果が覆りにくい事もあります。

交通事故弁護士で賠償額を増額

保険会社は保険金を出来るだけ少なくすることで、利益を上げていますので、任意保険基準は弁護士基準に比べとても低く設定されています。被害者よりも保険会社の利益が優先されているのが現状です。

なので、交通事故弁護士を利用し、弁護士基準で賠償金額を計算してもらい、適正な金額を受け取るようにしてください。保険会社は、初めの低い金額の内に示談成立をする為に、サインをとてもせかしてきますが、絶対にサインをする前に、弁護士に相談をしてください。そして交渉を自分でするのではなく、弁護士に一任するようにしてください。弁護士が交渉をすることで簡単に引き上げる事が出来ます。

交通事故弁護士頼むなら弁護士特約を使用しよう

「弁護士費用特約」という言葉を聞いたことがありますか?こちらは被害者が加入している自動車保険に付けることができる特約(オプション)補償の一つです。自分が入っている保険にこの特約が付いていれば、保険会社が保険金として交通事故弁護士に依頼する際の費用を支払ってくれるというものです。

どれくらいまで保証してくれるのかと言いますと、1回の事故で一人あたり300円程度まで保証してくれるような所もあるようです。ただし注意が必要なのが保険会社さんからこの弁護士さんがいいですと勧められた時です。この場合保険会社に有利に進むようになる可能性があります。

交通事故弁護士に依頼する際

交通事故弁護士に依頼する際にはどういった流れで依頼すればいいのか初めての人が圧倒的に多いと思いますので不安ですよね?買い物をする時などを一緒で1社だけを見て決めるのではなく、比較検討して決めていくことが非常に大切です。

しかしどうやって比較検討するのか?と疑問に思う人もいますよね?そういった際に便利なのが電話の無料相談です。多くの法律事務所では初回電話相談は無料で行っており、簡単に話を聞いてくれます。そこで必ず依頼しなければならないということではなくて、その話した感じを受けて依頼するということが可能です。

交通事故の関連記事

メニュー

TOP 離婚相談 モラハラ離婚 離婚弁護士 浮気離婚慰謝料 交通事故弁護士 自己破産大阪 大阪の司法書士

離婚、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報を参考に大阪、東京、千葉の司法書士と交通事故弁護士探しにご利用ください。

本サイトは司法書士、弁護士が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。離婚、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報は参考程度にご利用ください。