離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

自己破産手続きを法律の専門家の司法書士に依頼する

自己破産などの借金問題は、弁護士や司法書士などの専門家に相談すれば、解決は可能ですが、両者には違いがあります。 弁護士は、法律の専門家として法律行為を代理する権限を持っていますが、司法書士は書類作成代行が主な業務となり、代理することはできません。

そのため自己破産などの地方裁判所を管轄とする手続きの場合、司法書士は手続きを行うことができませんから、弁護士に依頼する方がよいでしょう。 ただ、弁護士に依頼するよりも費用を抑えることができますし、裁判所へ提出する申請書類の作成の代行はしてくれますから、無料相談を受けてどちらに依頼するかを決めてもよいのではないでしょうか。

自己破産をしたら財産はどうなるのか

倒産やギャンブル、連帯保証人などの問題に巻き込まれ、借金を背負う可能性は誰にでもあります。返済不可能な借金に困っているなら、債務整理か自己破産を行うといいでしょう。

債務整理は支払額を減額するもので、自己破産は全ての支払いを免責されるものです。破産手続きを行うと社会的信用と所有している財産を失います。クレジットカード・ローンの審査も数年間は通過できなくなるため、破産のデメリットは非常に大きいです。

債務整理と自己破産の選択に迷った場合は、弁護士に相談してみることをおすすめします。借金相談を扱っている弁護士事務所は多数あり、無料相談を実施しているところもあります。

裁判所における自己破産の手続き

借金相談の対応が優れている法律事務所は、各地域の都市部を中心に増え続けており、将来的な問題の発生を未然に防ぐために、裁判所における手続きの特徴をきちんと理解することが重要となります。

現在のところ、自己破産の経済的なリスクについて、様々な雑誌などで紹介されることがありますが、借金の完済を目指すにあたり、早いうちから弁護士や司法書士にアドバイスを受けることがおすすめです。

また、自己破産の手続きを開始するためには、様々な書類を提出する必要が生じるために、せっきょくてきに法律事務所のスタッフとコンタクトを取ることが有効です。

自己破産していてもローンは組めます

自己破産していると、そのことが広報に載り、もう一生ローンを組んだり、クレジットカードを作ったりできないと思っている人がいますが、実はそうでないのないのです。カードローンやクレジットカードの会社は契約するときに信用情報を専門の会社に問い合わせますが。

自己破産などの事故情報も5年から10年で消えるので、その後は直接かかわった会社でなければわからなくなっているのです。つまり、ある程度時間が経てば事故情報はなくなるので、直接お金を借りていた会社でなければまた利用できるようになります。負債を免除してもらった会社にはその会社独自の情報が残りこれはなくなりません。つまり新規の取引ならまた出来るようになるという事です。

借金相談で自己破産手続きを進める方法

複数の貸し金業者からお金を借りて、返済する目処が立たなくなった場合には、まず弁護士に相談するのが手です。任意整理、民事再生という方法を採ったとしても、まだ返済できない多くの借金があるなら自己破産の方法があります。

これは、地方裁判所に破産することを申し立てることで借金が帳消しにできる債務整理の方法の1つです。大阪など全国各地に借金相談を受け付けている弁護士がいます。相談は何回でも無料という事務所もありますので、臆せず相談してみるといいでしょう。自己破産すると、一定の財産は手放さなければならないという条件はあります。

士業と自己破産の関係

もし、士業に就いている人が自己破産をしてしまった場合には、どうなるのかという事についてですが、一定の期間は仕事をする事ができなくなってしまいます。士業というのは何より顧客から信頼できるという事が大事ですので、これらの仕事をしている人は、できるだけ自己破産とならない様に最大限努力をしている人もいますが、場合によっては仕方ない場合というのも考えられます。

しかし、自己破産をすべて終える事ができれば、また仕事に復帰する事ができます。士業の他にも自己破産をすると仕事に影響が出る職業の人もいます。自己破産は、職業によって若干の違いはありますが、共有している部分も存在しています。

司法書士に自己破産を依頼する時に気をつけること

自己破産の手続きの依頼を司法書士にしてしまえば、全て代わりにやってもらえると思っている人は結構多いと思います。しかし実は全ての手続きを代わりに行うことができません。なぜかというと弁護士には代理権というものが認められていますが、司法書士にはこの代理の権利がないためです。

書類の作成などは代わりに作成してくれますが、裁判所へ行って実際に面接を受けたり、やり取りをするのは自分でなければなりません。そのため通常費用が弁護士よりも安くなっています。多少は自分で行うので費用を安く抑えたいという人にはオススメです。

大阪司法書士会

HP

〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

自己破産の関連記事