離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

住宅ローンと自己破産

住宅ローンが残っている場合には、残りのローン金額がその住宅を売却した時に得られる金額よりも高額になる場合には自己破産の同時廃止という扱いになることがあります。

住宅を手放すことにはなりますが、自己破産の申し立てをしてすぐに立ち退かないといけないということにはなりませんが、持ち家など、不動産を持っている場合にはそれらを処分せずに手続きをするということは出来ません。

住宅ローンが残っている場合であっても完済している場合であっても、その不動産は処分の対象になるのです。

もし自宅を手放さずに債務整理をしたいというのであれば、自己破産以外の方法を考えていく必要があります。

自己破産手続きと免責について

膨らんだ借金に対処できず、やむを得ず自己破産手続きを行う人は減るところを知りません。申請者が「十分な返済能力を持たない」と見なされれば、破産の申請が認められて返済を免責されることになります。

これだけ聞くと簡単・手軽な手続きに感じるかもしれませんが、破産の代償は非常に大きく、手続きを行った本人は財産と社会的信用の両方を失ってしまいます。一方で、支払額を減額する「債務整理」と呼ばれる手続きは、自己破産のようなデメリットがほとんどありません。

借金に悩んでいるなら、まずは借金相談を手掛けている弁護士事務所に相談しましょう。借金が返済可能な額かどうかを見極めて、債務整理・自己破産のどちらがいいのかを決めてくれます。

自己破産のメリット~支払い免責など

自己破産は債務整理方法のひとつです。これは裁判所に破産申し立てをすることからスタートします。そして裁判所で、借金などの返済、支払いが不可能であると判断された場合には、税金等を除くすべての債務に対する支払い義務が免除されます。つまり端的に言えば借金がゼロになると言うことです。

債務整理にはいくつかの方法がありますが、債務が全額免除されるのは自己破産だけです。よってこれが、最大のメリットだと言うことができます。また手続きが開始された後には、債権者は強制執行、給与の差し押さえなどや取り立てなどを行うことができません。このこともメリットに挙げられます。そして裁判所が定めた基準以下の資産であれば、手元に残しておくことも可能です。

自己破産時には弁護士の依頼が必須です

自己破産時には弁護士の依頼が必須なので注意する必要があります。法的な整理手続きをして、はじめて自己破産が成立するのです。もちろん、自分だけで自己破産ができるケースもあるでしょう。

しかしながら、自分で法律に関する勉強をしなければなりませんし、客観的な意見を得ることができなくなってしまいます。弁護士に依頼すれば、あなたの利益になるように話をつけてくれます。それだけでなく、第三者としてのまっとうなアドバイスを送ってくれるのです。自分だけで解決しようとするのではなく、専門家である弁護士に相談するのがベストです。

借金相談をして自己破産もひとつの手です

大阪や東京などで行われている弁護士による無料相談では借金相談が多くあります。いろいろな所から借り入れをし、借金返済がままならなくなり、利息の返済ばかりしている方がいます。このような方は元本がいつまでも減らないのでずっと借金に困りながら生活をしないといけません。

このような方に自己破産も一つの手であることを紹介しています。破産宣告をすると、借金を全てなかったことにしてもらえるので生活が少しは楽になります。しかしながら自己破産してしまうと今後ローンを組んだり、借り入れをしたりすることが難しくなってしまうのでよく相談をして決めていく必要があります。

自己破産から立て直す

無事に自己破産ができれば、借金自体の問題からは解放される事になります。しかしながら、自己破産をしたらそれで終わりではありません。そこから自分の生活を立て直す必要があります。自己破産をしても、いきなり生活が楽にはなりません。

自己破産をすると、取り立てはストップする事になりますが、クレジットカードの利用や、ローンを組んだりする事はしばらくの間できません。自己破産の後もかなり節約をしながら生活する事が求められる事もあります。しかし、それ以降に得た収入は自分の物にする事ができます。すぐには無理でも、少しずつ貯金をするなどして、余裕がある状態にする事ができればいいでしょう。

司法書士と自己破産とメリット

司法書士で債務整理について相談した結果、自己破産をするとなった際にどのようなメリットが、した人に訪れるのでしょうか?最大のメリットは、なんといっても今までの借金の返済の義務がなくなるということです。

自己破産は借金を0円にするための制度になりますので、このメリットが最大のメリットになります。何社からも借入していたような人は、月の間常に返済におびえなければならなかった生活から抜け出すことができます。「借金」から様々な規制はありますが、解放されることができるので精神的にも楽になるのではないでしょうか。

自己破産の関連記事