離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

デメリットだけでなく全体を把握したい自己破産

自己破産におけるデメリットだけを見ると、時には気分が沈んでしまったりする事もあるかと思います。しかし、自己破産についてはデメリットだけでなくできるだけ、全体を把握したいですね。

そうでないと的確な決断ができない場合もあるかと思います。確かに、自己破産を行う事は、その後の生活においてデメリットもあると思われますが、そのデメリットを恐れてばかりいては、いつまでも解決できない事もあるでしょう。

時にはそのデメリットを受け入れて、自己破産を行う覚悟を決めるという事が大事な場合もあるでしょう。自己破産は同時に借金を解決するための究極の方法であるという事も忘れない様にしたいですね。

自己破産の申立て・相談は弁護士にしよう

借金問題に悩んでいる、借金を返済する目処が立たないという場合には、借金相談を早めに弁護士にすることをおすすめします。収入に対して借金額が多額である場合には、自己破産の申立てを裁判所にすることにより、借金返済が免除される可能性があります。

なお、自己破産の手続きについては弁護士に依頼することなく自力で行なうことも出来なくはありませんが、手続きに時間がかかる上に、専門的な知識が必要となること、必ずしも免責が認められるわけではないなどの理由などから弁護士に相談をして手続きを行なうのが一般的になってきています。

自己破産の依頼はどこにすれば良いのか

自己破産は裁判所に申し立てを行う必要があります。そのための書類を揃えたり、また記入事項に不備がないかどうかなどを点検する必要があるので、素人が一人で行うのはなかなか難しいの現実です。よって自己破産は、専門家に依頼をするのが一般的です。どこに依頼をすれば良いのかと言うと、ひとつは弁護士が挙げられます。

いわゆる法律事務所に連絡をとっても良いですし、個人の弁護士事務所にお願いしても良いです。できれば債務整理や自己破産に強い法律事務所や弁護士を選択するのが望ましいです。それからもうひとつは司法書士です。司法書士は、弁護士に比べると報酬が低めに設定されていることが多いのがメリットです。

自己破産の手続きを依頼できる専門家は弁護士と司法書士

債務を返済することが困難となった場合に、所有する財産を各債権者に分配して債務を清算する自己破産をするには、裁判所で破産申し立てを行わなければいけません。

この自己破産の手続きを依頼できる専門家は、弁護士、司法書士となります。前者は依頼者の代理人として全ての手続きを行ってくれますが、その分だけ費用が高額になりやすいというデメリットがあります。

後者に依頼できる事は手続きに必要な書類を作成するだけです。ただし、当然ですが手続きに関してサポートや助言はありますので、費用を安く抑えたい場合は司法書士に依頼した方が良いでしょう。

自己破産におけるブラックリストの影響

きっと自己破産を行ってしまうとブラックリストに自分の名前が掲載されてしまうという事はすでに多くの人が知っている事でしょう。自己破産を行う事におけるブラックリストに関しては、正しく知るという事が大事です。自己破産をするとどうなるか分からないという事が更なる不安を招く可能性もあります。

自己破産について知る事によって、より具体的に対策を考える事もできるでしょう。自己破産におけるブラックリストの影響は大きいと感じる人もいる様ですが、これを適応する事によって、法的に解決できるというのが何よりのメリットとなります。またブラックリストには永久に名前が載るという事ではない様です。

法律家と共に考える自己破産

自分だけで自己破産について考えたとしても、正しい判断ができているかどうかという事は分からない事もあります。自己破産については、法律家と共に考える事でより的確に判断する事ができるでしょう。

法律家は自己破産をしないといけないという事だけではなくて、可能な範囲で債務者の希望などを取り入れてもらえる事もあります。常に自分の希望通りにはいかない場合もありますが、自己破産以外の債務整理を活用する事で、何とか解決したいと考える人もいます。自己破産が欠かす事ができないケースというのもあります。まずは、自分自身の借入や収入などについて相談先となる法律家に伝える所からスタートとなります。

司法書士で自己破産をしたら家族にバレル?

借金をしている人が一番ばれたくない相手というのは家族ではないでしょうか?特に内緒で借入をしていた場合には絶対ばれたくないですよね。その場合司法書士に依頼して自己破産をした時に、ばれてしまうのではないかと不安になるかと思います。

結論からいうと、自己破産までいってしまったら隠し続ける事は難しいです。特に持ち家がある人は、その家が担保として没収されてしまうことがあるため、そうなってしまうと隠し続ける事はできません。(裁判所で申し立ての承認がおりたら20万円以上の財産は没収されてしまうため)司法書士に相談する前に家族に相談する必要があります。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5

自己破産の関連記事