離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

司法書士に過払い請求を依頼できる場合

貸し金業者から5年以上借金をしたことがあるなら、請求すれば過払い金が返ってくる可能性があります。請求額が140万円以下なら司法書士でも弁護士でも依頼できます。返済が完了した金額に限り請求することができます。

請求しなければ返ってきませんので、注意してください。借金額、期間にもよりますが、100万円以上返ってきた例もあります。自力で請求するのは大変な手続きになりますので、専門家に依頼するのがおすすめです。煩雑な作業や骨の折れるやり取りから逃れられます。無料相談を受け付けている事務所もありますので、契約書や明細がなくてもまずは連絡してみましょう。

司法書士に過払い金依頼する際の心構えについて

自分のリサーチや準備が整い、いざ司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼する場合に、心構えが必要となってきます。そのような際には冷静な態度で対応することが大切で、印鑑は必ず持っていくことです。

また、司法書士や弁護士は依頼人の利益を一番に考える味方とも言える存在ですので、依頼に関わることは包み隠さず話し、疑問や不安に対してもしっかりと聞くようにすることです。そのような心がけがあれば、依頼内容も成功へと近づくことでしょう。どの専門家にするか迷いが生じた際には、無料相談などを利用し話してみることをおすすめします。

司法書士に過払い金請求を依頼する時の注意点

司法書士に過払い金請求を依頼するのは、借金の整理をすることにもなりますし、やり取りを直接自分が行わなくていいという点では非常に頼りになる存在です。しかし依頼をする時に注意しなければいけない所が一つだけあります。

それが司法書士は140万円までしか代理で請求をかけることができないということです。法律で代理できる金額というのが資格ごとに定められているため、それ以上の過払い金がある場合にはそもそも依頼することができません。そのような場合には費用は高くなってしまいますが弁護士にはそういった金額による制限が全くありませんのでいくらまででも請求をかけることができます。

司法書士における過払い金請求のケースとは

司法書士に依頼し、過払い金請求を行った際に貸金業者から、突然連絡があり提案を持ちかけられるケースがあります。考えられるケースとしてはゼロ和解です。このゼロ和解とは、現在債務が残っている債務者に起こる例で、債務をゼロにするから過払い金請求を無しにしてくれという和解案です。

一見、美味しい和解案にも思えますがこのような和解案が持ちかけられる場合には、多額の過払金が発生している可能性があります。安易にこのような和解案を受けてはいけません。過払金は正当な権利とも言えますので、確固たる対応で立ち向かうことです。

司法書士に過払い請求を依頼する流れ

過払い請求は一体どのようにして行っていけばいいのでしょうか?仮に借金を全て完済してから請求をかけると考えた場合をご紹介します。まず自分に過払い金があるのかないのかをはっきりさせる必要があります。

自分で最初から計算をするとなると非常に時間がかかってしまいますので、まずは司法書士事務所に電話をして請求をかけるような金額があるのかないのかを知ることが大切です。相談自体は大体の事務所が無料で行ってくれていますので、初めての方でも安心して診断してもらうことができます。そこでこの司法事務所にお願いしたいと思ったらそのまま依頼をします。

司法書士事務所と法律事務所の業務内容とは

弁護士と司法書士は法律で定められた業務内容のもと、業務を行なわれていて、仕事内容は細かく分けられています。しかしながら、債務整理などの案件の場合は、双方が行える業務もありどちらに依頼すべきか、迷うところではあります。

弁護士の所属する法律事務所では、依頼人の代理業務を制限なく行うことができます。司法書士の方は140万円以下ならば、債務整理が行えるとされていて業務に制限があります。しかしながら弁護士よりも費用が割安だったり、おこなえる業務が限られているので、専門性に特化している部分があると言えます。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

司法書士の関連記事