離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

決めるべき事が多いモラハラ離婚

たとえモラハラ離婚であっても、離婚となれば話し合うべき事はたくさんあります。家のローンはどうするか、子供はどうするかなどという事を解決しないといけません。

モラハラ離婚の際には、相手と仲が悪く話合いができる状態ではないという事もあるかもしれませんね。そんな時には、モラハラ離婚の相談を弁護士にすると間に入ってくれて、話を調整してくれます。

ですので、相手と直接話をする機会を大幅に減らし、モラハラ離婚を実現する事もできるでしょう。モラハラ離婚で話ができない人や、別居中だという人は、弁護士の相談を受ける事で、話を進める事ができるのではないでしょうか。一人で悩む必要はありません。

モラハラ離婚につながる行動とは

モラハラ離婚で問題になるのは、そもそも、モラハラをする側は、自分がしていることをモラルハラスメントだと自覚していないということがあります。

どんな行動が、モラハラ離婚につながる可能性があるかというと、過度に束縛することや、相手の人間としての素質や素養、出地などをバカにするような発言などです。

言動をする側は、ただふざけただけのつもりでも、相手が心から傷付いたり、やめて欲しいというシグナルを出しているのに止めないなどは、モラハラになり得ます。多くの夫婦が、夫婦なのだから相手のプライバシーに勝手に踏み込んでもそのくらいモラハラにならないと考えていますが、そうではないのです。

離婚相談・モラハラ離婚に関するコラム