離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

交通事故弁護士に提示額について相談をしてみましょう

保険会社からの慰謝料の提示額に納得がいかなかったら、交通事故弁護士に相談をしてみましょう。ほとんどの場合、慰謝料の金額は増額されます。しかし、慰謝料が50万円から60万円に増額されるくらいでは、弁護士費用を差し引いたらほとんどメリットがありません。

このようなケースではそもそも依頼を受けてもらえないでしょう。慰謝料が100万円から300万円に増額できたら大きなメリットがあります。どのくらいのメリットがあるのかは専門家でないと判断ができないので、まずは無料相談などを利用していくつかの法律事務所に相談をしてみましょう。

交通事故弁護士がつくと、保険会社の姿勢が変わる

加害者が任意保険に加入していると、被害者の治療費の支払いや手続きは、すべて任意保険会社がおこないます。任意保険会社は自賠責保険から出る限度額の120万円を超えそうになると、治療費の支払い打ち切りを通知してきたり、症状固定を迫ってきたりします。

交通事故弁護士に相談すれば、こうしたことへの対処法を助言してもらえます。被害者に交通事故弁護士がついていることを会社側が知っていれば、そもそもこうした対応はしません。示談交渉でも、被害者が個人で交渉していると、不当に低い金額を提示して頑として譲りませんが、弁護士がつくとすぐ姿勢が変わります。

早期に相談したい交通事故弁護士

交通事故は時間と共に解決に向けて進展していきます。そのため、かなり後になってから交通事故弁護士に相談して対応してもらう事もできますが、相談する予定がある人であれば、早期に相談しておく事によって、交通事故弁護士が対応しやすくなるという事が予想されます。

中には事故直後から交通事故弁護士を探し始める人もいます。最初から交通事故弁護士にお願いする事によって、いろんな状況を把握してもらう事ができます。早い段階からベストな対応をする事ができます。また、交通事故弁護士がいると、気持ちの面においても楽に感じられる事もあるでしょう。相談するという事は大事ですが、そのタイミングを考えましょう。

交通事故の関連記事