離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

他人に分かりにくいモラハラは離婚も

自分の配偶者に対してだけモラハラを行い、外では愛想が良くいい人だと思われている人も多い様です。ですので、近しい人にモラハラの事で相談してもなかなか理解してもらう事ができず、最終的に離婚せざるを得ない状態になる事もあるようです。

モラハラはすべての人に対して行われるのではなく、特定の人に対してのみ行われる事もあります。モラハラを受けていると、次第に自分が誤っていると勘違いする人もいる様で、悪循環となり離婚になる事もあります。

弁護士の中でもモラハラ離婚を扱っている所も増えています。

離婚が頭をよぎったという人は、弁護士などの専門家のアドバイスを求めた上で、離婚をするかどうか考えたいですね。

理解を得たいモラハラ離婚

他の離婚と同様にモラハラ離婚をする人もまた、辛い思いを経験している人も多い様です。モラハラ離婚は、周囲の人に相談しても、いい人なのになぜ、と理解を得られない事もあるそうで、その点が特に辛く感じられる事だろうと思います。

しかし、モラハラ離婚を専門としている弁護士もいます。その様な人にモラハラ離婚について相談するときっと理解を得る事ができるでしょう。

モラハラ離婚に関する辛い思いは一人で抱えるのではなくて、人に共感してもらう事ができれば、少し軽減する事もあるでしょう。悩みを抱えている人にとって、大事な事は相談できる機関を見つける事ではないでしょうか。よき理解者を求めている人も多いでしょう。

モラハラ離婚でも養育費はもらえるのか

たとえモラハラ離婚であっても、有責者が自分のターゲットのしていた加害者と認められた場合、養育費をもらうことは可能です。モラハラは、加害者が「まったく原因が自分にない」と思い込んでいることも多く、裁判で原因があると言い渡された後でも、決して納得していないものです。

だからこそ、弁護士などの相談して代理人となってもらい、話し合いを進め、必要とあれば裁判も辞さない方向で解決するしかありません。それによって養育費の問題も、相手の意思にかかわらず、解決されるケースが多くみられます。法の上で離婚を成立させることが、後々もめないために必要です。

モラハラ離婚に伴う二次被害の対処法

モラハラ離婚を考えるうえで、二次被害のリスクを考慮することが重要なポイントとして挙げられます。特に、子どもの真剣に関するトラブルの件数は、年々増え続けていますが、様々なリスクに対処をするうえで、信頼度の高い法律事務所の弁護士サポートの良しあしを比較することが大事です。

また、モラハラ離婚の際には高額な慰謝料が発生することがあるため、将来的なリスクに備えたい場合には、各方面の媒体を使いこなすことが肝心です。その他、実績のある法律事務所のカタログや公式サイトなどを参考にしながら、常に役に立つ情報を集めることが大切です。

離婚相談・モラハラ離婚に関するコラム