離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

司法書士がどんな人かわかる法律事務所

知らない法律事務所の門を開けるのは勇気が必要な事もあるでしょう。どんな司法書士が待ち構えているのか不安もあるでしょう。

しかし、知らない法律事務所でも、HP内で司法書士の自己紹介や写真を掲載している事も多いので、司法書士の情報があれば、例えば実務経験が多い人、特定分野に強い人、女性、話がしやすいと思う人などを選ぶ事もできます。

また、司法書士のプロフィールの他にも相談費用についてもクリアにしている司法書士、法律事務所は増えています。さらにメールで24時間対応の相談を実施している事もあります。

実際に訪れた事はない法律事務所であっても、司法書士事務所にコンタクトをとる事なく、司法書士やその他の事についていろんな事を知る事ができるのは便利です。

ただ、ホームページを鵜呑みにせずに、実際に会ってから依頼するかどうかを考えましょう。また、実際にあった時に相談内容、費用を確認することは忘れずに。

司法書士 大阪は大阪司法書士会所属そとやま司法書士事務所。

大阪、南森町駅すぐの司法書士事務所。そとやま司法書士は同志社大学卒で借金問題にも詳しい司法書士です。

司法書士のスクールに通う

最近ではいろんなライフスタイルの人がいます。仕事をしている人でも常に土日が休日だとは限りません。

そこで、時間が合わないと司法書士のスクールに通う事ができないという人もいます。その様な場合でもオンラインやDVDを活用する事で授業を受ける事ができます。時間を選ぶ事がないので、自分の都合のいい時に勉強する事もできます。

また、聞き逃してしまった所や一度見ただけではよく分からなかったという場合には、何度も復習する事ができます。実際にスクールに通う様に授業を受ける事ができます。質問したい事がある場合にも先生とやり取りできる様になっている様です。

自宅にいながら司法書士対策はバッチリ行う事ができそうですね。

司法書士の試験

司法書士は法律系の資格の中でも超難関の部類に入ります。毎年30000人近い人が試験を受験していますが、合格率は3%以下となっており、合格には膨大な勉強が必要となります。

受験者の中には司法試験経験者も多いので、受験者のレベルも高くなっています。司法書士試験の試験科目は不動産登記法などが中心となっており、仕事内容も不動産登記の申請代理が主なものとなっています。

親の財産を相続することになり、相続財産に不動産が含まれている場合には業務を依頼することになるでしょう。相続を得意としている事務所はインターネットなどで見つけることが出来ます。

たくさんある司法書士の科目

実は一科目だけの試験を受けて資格が取得できるわけではなく、司法書士の試験にはたくさんの科目があり、合計すると11科目あります。その科目には種類があり、主要4科目と呼ばれるものと、それ以外のものに分ける事ができます。

商業登記法、民法、不動産登記法、社会法と商法があります。そして、それ以外の科目としては、司法書士法、民事保全法、民事訴訟法、憲法、供託法、民事執行法、刑法があります。

これだけたくさんあると、あまり手が付いていない科目などが出てきてしまう可能性もあります。出題される頻度の高い科目から順番に学んでいきたいですね。

試験を受ける頃には対策を念入りに行っておきたいですね。

司法書士は書類作成代理人です

司法書士は弁護士とは違い書類作成の代理権限しかありません。ですが、一般的な債務整理の場合には、弁護士でも司法書士でも相違は無いのも実情です。司法書士でも、現実的には問題なく、債権者との相対をすることが可能ですし、裁判所に提出する書類の作成も問題なく行えます。

債務の整理というと、どうしても弁護士をイメージしがちな部分がありますが、肩書きにこだわらず、自分にあった法律事務所を選んでいくように心がけましょう。自己破産の場合には、弁護士で無いと自分で裁判所に出頭をしますが、債務整理の裁判ですし、自分で出頭したほうが裁判官の心情も良くなったりもします。落ち着いて依頼相手を検討しましょう。

司法書士ができる和解交渉とは

弁護士以外の人が代理人となって債務整理などの交渉をすることは、弁護士法に違反します。しかし、例外的に、認定を受けた司法書士なら、140万円以下の借金について、代理人となって債務整理ができます。

借金が1社から100万円、もう1社から100万円の合計200万円であったとしても、個別の借金が140万円以下なので、任意整理の交渉ができます。過払い金についても、1社あたりの金額が140万円以内ならば、和解交渉をすることができます。このように、司法書士でも債務整理ができるケースが多いので、検討してみる価値はあります。

幅広い仕事をする大阪の司法書士

借金問題や離婚相談など一つの問題に絞って扱っている大阪の司法書士もいますが、中にはそうではなくて幅広い仕事を行っている大阪の司法書士もあります。大阪でもたくさんの司法書士が在籍している事務所の場合には、この様にいろんな分野の相談を受け付けている事もあります。

以前相談した事がある大阪の司法書士に今回も相談したいという事もありますが、相談内容の種類が違う場合には、扱ってくれるかどうかという事を確かめる必要があります。大阪の司法書士でも、規模が大きい場合には、専門家がたくさんいますので、その場合には、法律家が扱う事ができる範囲のあらゆる仕事を行ってくれる事もあります。

規模を確認したい大阪にある司法書士

これまでに利用した事があるという人もいると思いますが、大阪にある司法書士の中にはいろんな規模の会社があります。大阪にある司法書士と言っても、一人で活動をしている人もいれば、大手の会社もあります。

大阪にある司法書士にはいろんな規模がありますが、何か案件の相談をすると、対応してもらえますが、個人の場合には、案件に着手するまで待ち時間が発生する事もあります。また、これまでに全く大阪にある司法書士を利用した事がないという場合には、名前を知っている大手の方が安心するという意見もあります。大阪にある司法書士であれば、自分で自由に選んで相談する事ができます。いいと思う人を見つけましょう。

司法書士とはどんな仕事かわかりますか

司法書士は、どんなことをしているのか、わからない方が多いと思います。国家資格を必要とする仕事です。ですから、専門的な法律の知識が必要です。裁判所や検察庁、法務局などに提出する書類の作成の仕事も行います。

また、法務大臣から認定を受けた場合には、簡易裁判諸に於いて、民事訴訟や民事執行、民事の保全や、和解や、調停、などに於いて本人を代行する事ができるのです。ほかにも、土地や建物の購入時の登記業務も含まれます。大阪には、大阪司法書士会というものがあり、求人が200件以上あります。正社員としての給料はおおよそ25万円前後になります。

司法書士を利用する場合とは

多額の負債や、複数からの借り入れによる多重債務を負っている方が、返済への悩みを持つ場合、様々な債務整理によって解決させることができます。債務整理の方法が複数存在する中、借金の返済ができなくなってしまった債務者の債権者に対して清算し、債務者の経済を再生させる制度の事を自己破産と言います。

大阪などの都市を中心に、司法書士が在籍している法人が多くあり、不動産の名義変更や相続だけでなく、借金などの問題についても取り扱われます。専門家の存在によって、どのような手順の元に手続きを行えば良いのか、対策を立てられます。

頼れる司法書士の存在とは

多額の借金を抱えて悩んでいる場合、債務整理によって解決させられるのです。解決策としての債務整理の方法が複数ある中で、借金の返済の目処が立たなくなってしまった債務者の債権者に清算して、債務者の経済を再生させる制度を自己破産と言うのです。

大阪など全国を中心に、司法書士が在籍する法人が数多くあります。不動産や相続の名義変更はもちろん、借金問題に関しても取り扱われています。専門家がどういった手順の元で手続きを行えば良いのか、さらにメリットやデメリットも細かく把握しながら、よりよい解決策を考えてくれるはずです。

是非とも頼りたい司法書士

多額の借金を負って返済への悩みを持つ場合、様々な債務整理の方法によって解決させる場合があります。債務整理の方法が複数にわたって存在する中、借金の返済が不可能になった債務者の債権者に対して清算して、債務者の経済を再生させる制度の事を、自己破産とよびます。

大阪や東京といった都市部を中心に、司法書士が在籍する法人はたくさんあります。相続や不動産の名義変更だけではなく、借金問題においても取り扱われています。専門家がいることで、どのような手順のもと手続きを行えば良いのか、メリットとデメリットを比較しながら対策が考えられます。

司法書士の関連記事