離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

浮気離婚慰謝料が問題となる時

浮気離婚慰謝料なら、弁護士に相談をすることをおすすめします。慰謝料の金額は婚姻期間が長いほど高額になる傾向があるので、熟年離婚ならばとても高額な慰謝料がもらえることもあります。相場通りの金額をもらうためには、相談だけでも弁護士にしておいたほうがよいでしょう。もちろん、民事の問題ですので両者が納得しているなら相場より高い金額をもらうこともできます。

浮気離婚慰謝料が問題となるときには、配偶者や浮気相手が不倫の事実を認めないこともあるので、証拠も必要となります。場合によっては探偵に依頼をする必要もあるでしょう。早い段階でプロからアドバイスを受けておきましょう。

浮気離婚慰謝料をとれる可能性について

離婚には協議による離婚と裁判による離婚とがあります。浮気により離婚する場合、協議離婚であれば、協議で慰謝料の金額も決まります。合意の上ですから自由に決めればよいです。しかし、浮気離婚慰謝料について争いがあるときは、裁判所を介することになります。

 浮気離婚慰謝料の請求は、民法709条の不法行為による損害に対する請求です。したがって、まず、浮気の事実(の証拠)が必要です。また、浮気開始時に婚姻が破綻していては慰謝料の請求は認められません。

次に、浮気相手に慰謝料を請求するには、浮気相手が不倫であると知っていたか、知らなかったことについて落ち度があったことが必要です。また、浮気を知っていて長期間放置していると請求権が時効消滅します。そして、慰謝料を取れる可能性があっても、その金額は、年齢や職業などで異なります。

 以上のように、浮気離婚で慰謝料を少しでも確実に取れるようにし、また、すこしでも多く取れるようにするには、専門の弁護士に相談するのが一番だといえるでしょう。

離婚弁護士・浮気離婚の慰謝料に関するコラム