離婚相談の弁護士サポート

人生の再出発を円滑にスタートさせるためにも、頼れる弁護士を通して離婚問題を解決しよう!

司法書士で借金問題の相談

司法書士は借金の問題の相談も受け付けています。

しかし、司法書士はすべての問題を扱えるという事ではありません。ある一定の金額を超えた案件は扱う事はできませんので、借金問題を相談する際は金額に注意が必要です。

借金問題は司法書士の他には弁護士に相談する事もできます。弁護士に相談すると相談費用が高額になる事もあるようです。

そのため比較的金額が少ない事が多い個人の借金なら司法書士に相談して解決する事もできます。

借金問題は利子が膨らんでしまわない間に解決してしまうのがコツです。

早いうちのほうが、解決策もほかにもあるかもしれません。

そのため、専門家への相談も早めに行ないましょう。

借金の弁済について司法書士ができる事

司法書士は、借金相談をして、債務者が弁済しやすいようにするための手続きを代理しています。通常は、弁護士が行うとされる職務の範囲に属しますが、一定の範囲に限って司法書士でもすることが可能です。

できる事は、過払い金の返還請求の代理、自己破産の申立書の作成、債務整理の交渉です。ただし、これらのうち、書類を作成する以外の業務については、簡易裁判所で扱える範囲の事件でなければならないという制限があります。具体的には、額が140万円以下です。それを超える額の事件を受けると、違反となります。そのため、140万円以上のことを依頼したいのであれば、弁護士に依頼しましょう。

実質年率が超える分の過払い金返還を司法書士に頼む

消費者金融などのキャッシングで借り入れしたお金の返済に困っている場合、司法書士などの専門家に相談すると債権者などに対して過払い金請求をして、払いすぎていた利息を取り戻すことができるケースがあります。

実質年率が利息制限法を超えるグレーゾーン金利となっている場合には、利息を払いすぎてしまっているケースがあるので、司法書士などに相談すると解決することができることがあります。

一人で債権者と交渉をしても、相手のほうが法律に詳しいことが多いので、報酬の支払いは必要ですが、法律のプロに間に入ってもらったほうがスムーズに解決していくことでしょう。

相続について司法書士や他の専門家に依頼

一言で相続と言っても、いろんな問題点が発生したり、解決すべき問題はいろいろ出てくる事もあります。専門家に相談すると言っても、残された不動産の名義を変更したり、もしくは遺言書を作成したい時には司法書士にお願いするといいでしょう。

また、不動産を売却したい時には、不動産会社を見つける必要があります。しかし、相続税に関する手続きを行いたいのであれば、税理士に相談する必要があるでしょう。

また、家族の話し合いが喧嘩に発展した場合には、訴訟になったりする事もありますので、その際には司法書士ではなく弁護士が必要になってくる事もあるかと思います。

状況によって、適切な専門家を選ぶ必要があると言えるでしょう。

司法書士の仕事

司法書士は個人であったり、企業であったり、または公共団体であったりといろいろな対象を相手に活動しています。

そんな中でも企業が行う法律事務は企業法務といいます。個人でも不動産登記をするように、企業も不動産登記などを行います。また、会社法における登記など、企業法務は様々です。

近年は、サービスを行ううえでの規約文を司法書士に相談しながら決める企業も多くなっており、コンプライアンスを徹底するように求める風潮が社会で特に目立っています。なので、法律に明るい司法書士が活躍することは今後も多くなっていくことが予想されます。

法律事務所における司法書士

借金への悩みを抱える方や、離婚問題を抱える場合、さらに遺産相続に関するトラブルが起こった場合などに、頼りになるのが法律事務所の存在です。弁護士や行政書士、司法書士などの国家資格を有する法律専門家が在籍しており、相談者が抱えている様々な問題に対応されています。

国家資格の種類によって取り扱える問題も異なるため、それぞれの問題に適した専門家を見つけ出すことも、スムーズな問題解決のためには重要なポイントとなります。

また個人の問題だけでなく、企業団体などが抱えるトラブルについても、細やかな対応が行われています。

大阪司法書士会

http://www.osaka-shiho.or.jp/

〒540-0019 大阪府大阪市中央区和泉町1丁目1番6号

司法書士の関連記事